ご利用のブラウザではJavaScriptが無効です。

救命救急科

理念

1 住民の安心を得られる高度な救急医療を提供します
2 地域医療の最後の砦として、重症患者に対応する救急医療を提供します
3 災害時にも対応できる救急医療を提供します

基本方針

  1. センターは、初期救急医療施設及び二次救急医療施設の後方病院であり、原則として、次の対象患者を重点に初期救急医療施設、第二次救急医療施設及び東京消防庁多摩災害救急情報センター等からの転送、紹介又は救急患者を受け入れる
  2. (1)外傷全般、特に多発性外傷患者
    ア 三次外傷患者
    イ 二次救急患者の症例においても、患者の状態により受入れを判断する
     ① 開放性骨折、多発骨折の多臓器不全が疑われる症例
     ② 鈍的頭、胸、腹部外傷を有し、入院経過観察が必要な症例
     ③ 呼吸循環等に重大な変化をきたすと予測される症例  等
    (2)ガス中毒患者 
    (3)熱傷患者
    (4)通院中の患者または救急隊より要請があった場合
    (5)開業医等の他医療機関より転送依頼があった場合

  3. センターにおいて臨床研修医、レジデント等の医師に対して、救命救急医療に関する臨床教育を行う
  4. 全国の医師、看護師、コメディカルの教育・研修を地域医療研修センターと連携して行う
  5. 救急救命士に対する救命救急医療に関する教育・研修を行う
  6. 一般市民を対象とした災害・救急時の応急処置等の啓蒙・普及活動を行う

科の案内

救命救急センターは、急性に発生した疾患・外傷・熱傷などのうち呼吸・循環のサポートを必要とする重症患者を扱う3次救急医療機関であり、担当する地域の最重症救急患者を優先的に収容する使命があります。

地域の救急隊や2次救急医療機関(入院治療が必要な救急患者を担当)からの要請で、重篤な患者さんを収容することになっており、一般市民からの直接の診療・入院依頼はお受けしておりません。救命救急センターは東京都内でも有数な患者数で、収容患者数は2015年3845名です。年々増加傾向がみられます。

担当する地域は、立川市、昭島市、東大和市、国立市、日野市、国分寺市、武蔵村山市、福生市でありますが、青梅市、瑞穂町、八王子市、羽村市、あきる野市、東村山市などからもかなりの数の重症患者さんを収容しております。また奥多摩や高尾山からも東京消防庁のヘリコプターによって年間30例前後の重症患者さんが運ばれてきます。さらに東京消防庁の要請のもと、ドクターカーや東京DMATも24時間・365日、現場に出動できる体制にあります。

救命救急センターを退院された患者さんの外来治療や経過を診るためのフォローアップ外来を開いております。

診療内容

各種の原因によるショック・外傷(多発外傷、頭部外傷、胸部外傷、腹部外傷、骨盤四肢外傷)・敗血症などによる多臓器不全・広範囲熱傷・急性中毒・重症感染症(ガス壊疽、破傷風など)など、これまでの既存の診療科では対応する事が困難であった特殊な病態を有する疾患群を対象としている。

お知らせ

患者さまへ(専門医制度と連携したデータベース事業について)

外科系手術データベース事業は、日本全国で行われた手術・治療情報を匿名化のうえ登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さまに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。

日本外傷学会(トラウマレジストリー)に参加しております。なお、参加されたくない場合は、データ登録を拒否していただくことができますので、主治医までお知らせ下さい。ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

災害医療センターにおいて診療看護師(JNP)が患者さまへ直接的・間接的に提供する医療についての実態を調査することになりました。この研究を通じて、患者さまによりタイムリーで安全な医療を提供するための診療看護師(JNP)の配置や活用方法について検討できるようになります。何卒研究の趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

救急外来を受診された患者さま・御家族さまへ(診療看護師(JNP)に関する調査研究へのご協力のお願い)

救命救急センターにおいては、災害医療センターを受診される患者さまのうち、重症出血を伴う外傷の症例についてカルバゾクロムスルホン酸の効果について調査を行うことなりました。この研究を通じて、患者様により効率的な治療方法をお届けできるようになります。何卒研究の趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

救急外来を受診された患者さま・ご家族さまへ
(重症出血を伴う外傷患者に対し、トラネキサム酸にカルバゾクロムスルホン酸を上乗せする効果の研究のご協力のお願い)

診療実績

救急車応需状況救命救急センター実績

スタッフ紹介

長谷川 栄寿
【役職】
救命救急センター部長
【氏名】
長谷川 栄寿
【資格】
日本救急医学会専門医、臨床研修指導医、東京DMAT隊員
岡田 一郎
【役職】
医長
【氏名】
岡田 一郎
【資格】
日本救急医学会指導医・専門医、日本外科学会指導医・専門医
日本外傷学会専門医、臨床研修指導医、日本DMAT隊員、
東京DMAT隊員、日本DMAT統括DMAT、日本外傷学会評議員
日本Acute Care Surgery学会評議員、Acute Care Surgery
臼杵 理人
【役職】
医長
【氏名】
臼杵 理人
【資格】
精神保健指定医、精神保健判定医、
日本精神神経学会精神科専門医・指導医、精神腫瘍学指導者、
日本医師会認定産業医、医学博士、日本うつ病センター上席研究員
菱川 剛
【役職】
医長
【氏名】
菱川 剛
【資格】
日本整形外科専門医、東京DMAT隊員、日本DMAT隊員
塩島 裕樹
【役職】
医師
【氏名】
塩島 裕樹
【資格】
救急科専門医、小児科専門医
米山 久詞
【役職】
医師
【氏名】
米山 久詞
【資格】
日本救急医学会専門医、臨床研修指導医、
日本DMAT隊員、東京DMAT隊員、日本外科学会専門医
井上 和茂
【役職】
医長
【氏名】
井上 和茂
【資格】
日本外科学会専門医、ステントグラフト実施医、日本DMAT隊員、
日本救急医学会専門医、臨床研修指導医、日本集中治療医学会専門医、
Acute Care Surgery、NSTチェアマン
関 聡志
【役職】
医師
【氏名】
関 聡志
【資格】
日本外科学会外科専門医、JATECインストラクター、日本救急医学会専門医、
日本救急医学会専門医、消化器外科専門医、消化器がん外科治療認定医
高田 浩明
【役職】
医師
【氏名】
高田 浩明
【資格】
日本救急医学会専門医、日本麻酔科学会認定医
麻酔科標榜医、日本内科学会認定医、臨床研修指導医
日本周術期経食道心エコー認定試験合格、日本DMAT隊員
東京DMAT隊員
永澤 宏一
【役職】
医師
【氏名】
永澤 宏一
【資格】
日本整形外科専門医、日本救急医学会専門医
日本DMAT隊員、東京DMAT隊員
小原 佐衣子
【役職】
医師
【氏名】
小原 佐衣子
【資格】
JATECインストラクター、日本DMAT隊員、東京DMAT隊員
救急科専門医
渡部 祐衣
【役職】
医師
【氏名】
加藤 祐衣
【資格】
救急科専門医、麻酔科専門医
麻酔科標榜医、麻酔科認定医
小山 智士
【役職】
医師
【氏名】
小山 智士
【資格】
日本救急医学会専門医
安田 拓也
【役職】
医師
【氏名】
安田 拓也
高以良 仁
【役職】
診療看護師・副看護師長
【氏名】
高以良 仁
武市 知子
【役職】
診療看護師
【氏名】
武市 知子