ご利用のブラウザではJavaScriptが無効です。

地域医療連携

地域医療連携

地域医療連携室は地域と病院をつなぐ「かけはし」です。

災害医療センターは平成20年7月23日付けで、「地域医療支援病院」の承認を受けました。

地域医療支援病院とは、主に地域の医療機関(かかりつけ医)からの紹介患者さまに対する医療の提供や、病院のもつ医療機器の共同利用、救急医療の実施及び地域医療の資質向上を推進する病院として医療法に基づき東京都からその名称の使用が承認された紹介外来を原則とした病院です。
地域の病院や診療所の先生方との連携を円滑に行なえるよう、また、患者の皆さまに継続した適切な医療が受けられるように「強い医療連携」を行い、より良い医療の提供ができるようより一層の努力をいたします。

また、研修会の充実など地域医療の向上を図り、地域の皆さまへより良い医療の提供ができるように努力して参ります。

当院は北多摩地区の地域医療圏において、高機能急性期病院としての役割を果たすため、救命救急センターの24時間対応はもちろん、診療所の先生方や患者さまの利便性を優先する受け入れ態勢をとっています。「かかりつけ医」が、患者さまの病状により入院や手術など専門的治療が必要と判断された場合、紹介状を作成して頂き、当院へ紹介の手続きを行っていただきます。患者さまはその紹介状を持って当院を受診していただきます。そして病状が回復して容体が落ち着きましたら、「かかりつけ医」へ逆紹介をし、治療・経過観察を続けることとなります。当院は地域の「かかりつけ医」機能を尊重して逆紹介の推進にも努めています。医療連携室は「かかりつけ医」と当院医師との「かけはし」となるような役割を担っております。

地域医療連携係長:山口 絢子(看護師長)
医療連携係:古川 和多島 福田 阿部 渡邊
受付時間:8:30~17:00 平日(月~金)
TEL:042-526-5613(直通)
FAX:042-526-5547(直通)
email216-renkei.shitsu@mail.hosp.go.jp