独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 教育・研修

教育・研修

リンク

病院データ

院長名

土井 庄三郎

住所

〒190-0014 東京都立川市緑町3256

電話

042-526-5511

FAX

042-526-5535

URL

http://saigai.hosp.go.jp

診療の特徴、運営方針など

病院の機能要約

  1. 基幹災害拠点病院:我が国の災害拠点病院のリーダーとして、行政と連携しながら日本の災害医療の中心を担います。
  2. 地域中核病院:患者様と地域の医療機関に信頼されるよう、幅広くかつ専門性のある高度な医療を提供します。
  3. 救急医療:救命救急センターを中心に、全診療科あげて最良の救急医療を提供します。
  4. 臨床研究:災害分野の研究・研修をはじめ、治験を含む臨床研修を推進して、我が国の医療の発展に寄与します。
  5. 臨床研修病院:医師、看護師、救急救命士などの研修を充実し、高い水準の知識・技術・モラルを持った医療従事者の育成を目指します。

診療科、医師数(R2.4.1常勤医師数)

神内

アレ

脳外

呼外

11

11

心外

リハ

11

105

病床数(医療法病床数)

一般

重心

筋ジス

結核

精神

感染症

療養

455

455

(令和元年度)

1日平均入院患者数

398.6件

1日平均外来患者数

758.3件

年間救急患者数

8,455件(救急車搬送数: 6,366件/年間)

年間分娩件数

0件

研修データ

教育体制

臨床研修病院の指定状況

基幹型

研修担当責任者

プログラム責任者 関口 直宏

研修医/後期専攻医数

H24

H25

H26

H27

H28

H29

H30

R01

R02

初期研修医(基幹型)

21人

22人

23人

24人

23人

23人

22人

24人

24人

専修医(後期研修)レジデント

17人

18人

18人

17人

13人

8人

3人

8人

10人

図書館

有り

インターネット環境

医局、図書室、病棟

勉強会等の行事

各診療科勉強会を筆頭に、ACLS研修、J-TEC研修、DMAT研修、災害従事者研修等 他多数

研修医当直(初期研修)

4~5回/月平均(当直手当有り)

臨床病理検討会(CPC)の
実施状況

5回

剖検数

11件(平成29年度)

学会、研修会への
参加費用支給

規定により支給

処遇

給与

初期研修

1年次

約380,000 円/月

2年次

約380,000 円/月

社会保険:健康保険、厚生年金、雇用保険、に加入
当直手当等別途支給

宿舎

有り

有給休暇

有り

研修責任者(指導医)

有り

 当センターは災害時に災害医療にあたるなど広域災害医療の基幹施設としての役割が期待されているのみならず、平常時には高度な救急医療を提供し、総合診療機能をもつ地域の中核病院として機能しています。
 この両者の機能を活用し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につけるとともに、医師としての人格を涵養することを目指します。
 当院では研修医が豊富な症例から、医師としての基本的な態度および病態や病気に対しての基本的な知識について指導医からの指導を受けつつ自ら考え、診断と治療について学んでいきます。当院での初期研修が修了した暁には基本的な臨床能力を備えた医師となっていることを確信しています。さらに次の段階である専門的な臨床能力を備えた医師として成長して頂きたいと願っています。当院での臨床研修を生かすも殺すも研修医の意識次第です。意欲と体力の兼ね備えた研修医の応募を待っています。

■研修医からひとこと

 当院の特徴としては3次救急の拠点病院として多くの重症患者を受け入れている事です。研修医は年間を通して救急救命科の当直業務があり、 日常より2次・3次救急の初期対応に携わる事で、重症患者の対応だけでなく、病棟内での急変対応にも自然に体が動くような胆力が身に付きます。 内科では担当医として上級医と一緒に主体的に治療方針に携わり、外科では手術を執刀する事もあります。 全体として経験出来る手技は多く、経験値として困る事はほとんどなくありません。また上級医のフォローも必ず付くため安心して手技を学ぶ事が出来ます。
教育面では初期研修医における学会発表が必修になっている事・定期の上級医からの勉強会・指導医からのフィードバックなど、学びやすい環境となっています。 また上級医との距離もかなり近いため、医師としての「学び方・勉強の仕方」に関して知る機会が多いです。 医療知識は教科書を読めば分かりますが、医師として勉強の仕方・学び方・考え方は教育の現場でしか学ぶ事が出来ません。今後の医師として重要な足がかりを学ぶ事が出来ると思います。
生活面では西東京の中心である立川駅が近く、仕事の息抜きや生活に困る事はありません。 新宿・都心へもアクセスが良いため勉強会や講習会なども参加しやすい環境となっています。
日常業務は忙しいですが、災害医療センター上がりの医師も多く、仕事面・生活面でも相談に乗ってくれる人は多いです。アットホームな雰囲気での研修も1つの魅力だと思います。 是非興味があれば見学に来てください。


平成30年度
2年目研修医
田中 康次郎

 皆さんは初期研修に何を求めますか?僕は経験と知識がバランス良く得られることが大切だと考えています。 当院は救命救急センターがあり、多摩地区の三次救急を担っています。研修医は当直業務として通年で2・3次救急の初期診療を担当します。 重症な患者さんから帰宅可能な患者さんまで様々な疾患の初期対応を経験できます。 救急科当直では上級医が2-3人、研修医が1・2年目各一人ずつと恵まれた環境となっており迷ったときやわからないこと、 手技に関しては適宜フィードバックされる状況で安心して診療ができます。救命科以外では1年目では当院の内科をすべてローテートします。 担当医として上級医とともにcommonな疾患から稀な疾患まで様々な経験ができます。 また2年目では選択科の期間が長いことも特徴的で、専門にする科を重点的に取ったり、 内科を再度ローテートし専門研修で必要な症例を集めることもできます。知識面では主体的に学ぶことはもちろんとして、上級医から教わったり、 勉強会を行ったりしています。勉強会は研修医のみで持ち回りでやるものや、内科・救急科の上級医によるものなどがあり、現場を踏まえた様々な知識を得ることが出来ます。 生活面では西東京一の繁華街である立川駅に近く困ることはありません。また研修医は寮生活をしているため勤務外で顔を合わせる機会が多く、 みんなとても仲がよいです。困ったときや辛くなったときに相談できる仲間が近くにいるということも当院のいいところと考えています。
 当院で充実した研修医生活を過ごしませんか。是非、見学に来てください。


令和元年度
2年目研修医
毛利 祐大

 研修先病院を探す基準として、三次救急が診られること、手技数が多いこと、率先して医療に携われること等があると思います。当院は、 通年三次救急の当直があるという事で興味を持つ方が多く、私自身もこの点は重要な一つでした。 しかし、ここでは他の病院とは違う当院の魅力として「医療従事者の人間性のあたたかさ」を紹介させてください。  研修医生活も半年経ち、上級医だけに限らず、看護師さんや他のコメディカル、事務の方を頼る場面に多く遭遇し、 医師は知識・技術だけではなくコミュニケーション能力も必要だと感じています。当院は、相談しやすく質問しやすく頼れる人が多くいる環境で、 非常にコミュニケーションも取りやすく、また医療現場の後輩として研修医に対して気にかけてくださる人が多く感動する毎日です。 また、私自身上級医に言われた言葉ですが、それぞれに考え方があり医療に正解はない為どんな医療人になりたいかが大事であるという事。 当院では目標にしたいと思える上級医にきっと出会え、追いたい背中を見つけられると思います。  同期や研修医2年目の先輩は、向上心がある人ばかりで、自分が遅れをとっていることに焦る時もありますが、相談し合い助け合いながら日々楽しく過ごしています。  医師としての最初2年を過ごす場所として、雰囲気の良さを感じる為に是非一度見学しにきてみてください。


令和2年度
2年目研修医
河東 美文

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター