ご利用のブラウザではJavaScriptが無効です。

超音波検査

超音波検査

超音波検査とは高周波の超音波を使用して臓器の形や大きさ、内部の様子、周辺臓器との関係や血流状態を画像として描出する検査です。
この検査は放射線の被ばくの心配もなく、痛みもありません。
検査部位にゼリーをつけ、プローブをあてながら検査を行います。
当院、中央放射線部では腹部、乳腺、甲状腺、下肢静脈、頸動脈の検査を行っております。
必要時には呼吸や息止めをお願いしながら検査を進めていきます。
腹部検査では数時間前から食事は控えていただきます。また、骨盤内の臓器を見る場合には、尿をためた状態の方が見やすいため、水分を取り排尿を控えていただくなど協力が必要です。比較的短時間で非常に多くの情報を効率・効果的に知ることができ、検診などのスクリーニング検査からより精密な検査まで行うことができます。

部屋の写真
肝腎コントラスト頸動脈ガイド下生検